医局スタッフの声 Voice Of Medical Staff

医局スタッフの声
SCROLL
埼玉医科大学総合医療センター 泌尿器科 > 医局スタッフの声

講師/外来医長・教育主任・医局長

岡田 洋平(おかだ ようへい)

医師として独り立ちし、 どこでも活躍できる実力を獲得

初期研修では、医局スタッフの一員として一人ひとりの能力に適正な仕事量と適正な患者さんを担当し、上の先生方の手厚いフォローのなか、主治医としての責任をもちながら研修に励むことができます。手技に関しても、安全に配慮しながら基本的なことはすべて経験してもらうという方針であり、患者さんを任されるという責任とやりがいを感じながらの研修は、医師として成長するための大きな原動力にもなるでしょう。 また、当科の教育方針は、患者さんを通して積極的に自ら学んでいくという主体性を重視しています。たとえば、教えられたことを鵜呑みにするのではなく、それがエビデンスのあるものかどうかを自ら調べることや、自分が担当した患者さんの記録をしっかり取ることは医師としての土台を築く上で

埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科の外来医長

非常に大切なことです。カルテの記録方法に“SOAP”がありますが、特に患者さんのSubjective(主訴や既往歴)をしっかり聞いて記録することは、最適な治療を提供するために重要となるものです。このような習慣を早くから身につけることで、医師として重要なスキルや考え方を確実に自分のものにしていくことができるでしょう。 専攻医としては、幅広い症例を豊富に経験できることが特徴です。症例としては進行がんが多く、早期がんに対するロボット手術が主流である大学病院では珍しく、開腹手術の豊富な経験を短期間で積んでいただくことができます。さらに当科では、婦人科、消化器外科などから依頼される手術や、共同手術も多く、これも他病院ではなかなか経験することができない大きな魅力です。当科で3年間研鑽を積めば、外に出ても即戦力として活躍できる実力を獲得できるはずです。 専門医資格の取得はもちろんですが、泌尿器科は外科的要素が強く、大切なことは確実に手術ができるようになり医師として独り立ちできる実力を獲得してもらうことです。当科でなら、真に実力のある泌尿器科医になれると自信をもって言うことができます。

埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科の外来医長

講師/研究主任

矢野 晶大(やの あきひろ)

減りつつある開腹手術の流れとも無縁 本格的なオペの技術を習得できる数少ない学びの場

色々な経験ができるというのが当科最大の強みだと思います。がんの手術に関していえば、腹腔鏡手術やロボット支援手術では困難と考えられる、時に他科との合同手術が必要になるような、かなり進行した症例に対して開腹手術を多くやっています。実は今、若手医師が開腹手術のノウハウを知らないというケースが少なくないのです。ロボット手術の台頭によって、教える場や経験する場が少なくなっているからでしょう。どのようにして切開して、どのようにしてお腹の中を展開して……というのはやはり経験しないとわからないものです。ですから、当院のように開腹手術を中心にしっかりやっているところは、今の時代貴重ですし、学べることもたくさんあると思います。ここの手術件数は圧倒的に多いですし、研修医も戦力として見られているので、手術に入れないような下働

埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科の研究主任講師

きだけでなく、実際に手を動かしながら様々なことを覚えていける環境だと考えています。こういった様々な症例に対する開腹手術の知識・技術の習得は、将来的にロボット支援手術を学ぶ際にも非常に役に立つと思います。 腹腔鏡手術についても行っています。今までは副腎摘除が中心でしたが、今後は腎摘、腎部分切除、腎尿管全摘も行っていく予定です。ロボット支援手術はまだ導入されていませんが、当院でも今後、ロボット手術ができるようになるはずです。そうなれば、開腹手術から小切開手術、腹腔鏡手術、ロボット手術まであらゆる手術を提供できるようになりますし、教育面においても様々な手術・治療を学べる魅力的な場になります。ロボット支援手術や腹腔鏡手術など、都内の一流病院と同じ医療水準も保ちながら、伝統的な開腹手術についての知識・技術もきちんと修得できる場所にしていければと考えています。 若い人たちに人気なのは、都会にあるような病院なのかもしれません。ただ当院は埼玉県下有数の基幹病院として、都内の大学病院では学べないような貴重な疾患を、がん、結石、良性疾患、救急疾患といった多岐にわたり経験できます。一度、埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科の見学に来てみて下さい。是非、一緒に仕事をしましょう。やる気のある若い先生をお待ちしています。

埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科の非常勤講師

助教

杉山 博紀(すぎやま ひろのり)

あらゆる症例を経験できる万能さと 特定の分野にフォーカスする専門性

様々な症例に触れられる万能な病院——それが当院の魅力であり、そんな環境で学ぶことが、医師としての糧になるのではと考え入局しました。都内の病院というのは各々の得意分野に特化したところが多いと感じます。一方でこの埼玉県は“何でも診られないと生きていけない地域”であり、その中でもこの病院には幅広い地域から多くの患者さんが来られます。夜間救急では埼玉県の広域より来院されます。疾患の種類も多様で、がんや結石、感染症、緊急疾患である精巣捻転などなど、実にさまざまな患者さんを診るのです。 症例が豊富な当病院での研修は本当に有意義です。指導に値する症例が豊富ですから知識や技術を自然に習得できます。例えば、一度の体験で理解できなくても複数の経験にて理解が深まるということがあります。大げさではなく、この病

埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科の助教

院は研修に関して非常に向いている病院と思われます。 あらゆることを経験できる総合的な市中病院的な側面を持つ当院ですが、特定の分野にフォーカスするという“大学病院的な専門性”もあります。例えばがんにおいては、普通の病院ではみられないような超重症例や最先端医療ども含めて、経験できる症例は本当に広範囲。ですから専門的なことをやれないということはありません。 早期から主治医として色々な疾患に責任をもって担当することができます。上司との関係も良好で相談しやすい環境が整っております。成長したいという人にとっては、本当に恵まれた環境だと思います。

埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科の助教